ニキビを未然に防ぐためにも普段の食生活から見直し気をつける事が大切です。

MENU

ニキビをつくらない食生活

ニキビを作らないようにする為に食生活から見直してみることはとても大事な事です。
どのような食生活にすればニキビを作らないようにできるのでしょうか?

 

ビタミンを摂る

ビタミンはニキビの元になる皮脂を抑制する働きをしたり、毛穴の詰まりを改善するなど、肌にニキビを作りにくくする働きをしてくれます。
また、肌のターンオーバーのサポートをしてくれたり、抗酸化成分により肌荒れの原因の一つである活性酸素から肌を守ってくれる効果もあるので、ニキビケアには欠かせない栄養素であると言えます。ビタミンは主に緑黄色野菜や果実類に多く含まれています。

 

食物繊維を摂る

便秘など老廃物が体の中に溜まっってしまったり、腸内環境が悪化してしまい自律神経が乱れてしまうと、肌などに必要な栄養素がきちんと行き渡らないため、ニキビができやすい体になってしまいます。食物繊維を摂る事もニキビを予防する為に必要な事であると言えます。
食物繊維は豆類や芋類や根菜類に多く含まれています。

 

乳酸菌

腸内環境を整える為に乳酸菌も必要な栄養素の1つです。
乳酸菌は生きたまま腸に届き、腸内にある悪玉菌とのバランスを正常化してくれます。
乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品やぬか漬けなどの発酵食品にも多く含まれています。

 

ミネラルを摂る

ビタミンは単体のみでは効果を発揮せず、ミネラルと合わさる事でよりよい相乗効果が生まれ、その効果を発揮します。
ミネラルは、カルシウムやマグネシウムや亜鉛に含まれているので、乳製品や海藻類などに多く含まれています。しかし、乳製品や海藻類の摂取過多はニキビを作る原因になってしまうので注意が必要です。

 

バランスの良い食事を摂る

栄養素は単体のみで摂るのではなく、色々な栄養素をバランスよく摂る事でよりよい効果を発揮してくれます。
1日3食、バランスの良い食事をきちんと摂るようにする事が、ニキビを作らないようにする秘訣です。