背中ニキビ用の化粧水や顔用の化粧水をデコルテまでつけるようにしましょう。

MENU

背中ニキビのケアの化粧品について

ニキビのできやすい所は、顔だけではなく、背中や、胸にもできてしまいます。
冬などで肌の隠れている季節は良いですが、夏など肌を露出したり、水着の季節には厄介なニキビです。
また、悪化して、衣服とすれると痛みも伴います。

 

そんな背中のニキビのケアはどうすれば良いでしょうか。

 

 

背中ニキビの化粧品について

背中は見えにくい所でもあり、悪化して初めて気の付くニキビができていることもしばしばです。
デコルテの服などを着る時に、ニキビがあっては台無しです。
顔のケアは、思いつきますがその他のところのニキビのケアには案外、おろそかになっている場合も良くみられます。

 

背中のニキビにも、顔のケアをするように、化粧品でケアをすることで改善が見られます。

 

背中の皮膚は、比較的厚いため角質も厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。
日頃から、清潔を保つことが大切ですが、それに加えて保湿も心掛けるようにします。

 

背中のニキビ用の化粧水などもありますし、顔用の化粧水をデコルテまで使うようにしておくようにします。

 

すでにニキビができてしまっている場合は、ピーリング効果のあるフルーツ酸や酵素の含まれた石鹸で洗い、その後を保湿力のある化粧水でケアするようにします。

 

夏など、肌を露出する季節では、紫外線によるダメージを避け、ピーリング後の肌は露出しないようにし、日焼け止めなど日焼け対策をしておくことも大切です。
案外、肩などはうっかり日焼けを起こしてしまう所で、注意が必要です。

 

 

背中のニキビができないように気を付ける

背中のニキビの原因は、シャンプーや、コンディショナーをきちんとお風呂で洗い流していない事やシャンプーなどの刺激が、肌にあっていない場合などでも出来ることがあります。

 

体を洗う順番を、まずシャンプーその後に体という風にして、シャンプーが肌に着いたままの状態を避けるようにします。
シャンプーも、刺激の強いものを避けることや、リキッドタイプのボディーソープも洗い流せていない場合も多くあるため、背中ニキビのできやすい場合は無添加の固形石鹸に変えるようにします。