クリームは本来ある肌のバリアーの皮脂を補うという使い方を心がけるようにし使い過ぎなどにも注意しましょう。

MENU

ニキビ跡に効果的なクリームの選び方

ニキビ跡を目立たなくさせるためには、肌の再生を促すということが重要となってきます。
ニキビ跡に効果的なクリームとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

美白効果の成分配合のクリーム

ニキビの跡が、シミのようになっている場合、美白効果のある成分の配合されたクリームを選ぶようにしましょう。

 

ビタミンC誘導体のようなものやハイドロキノン入りがありますが、ハイドロキノンは、刺激が強い成分で、副作用もあるために肌に炎症を起こす可能性もあり、紫外線を浴びると、かえって色素沈着が悪化するケースも見られます。

 

美白効果があるというクリームなどでは、成分表を良く確認するようにします。

 

 

成長因子配合クリーム

成長因子配合のクリームが、最近よく売られるようになりました。

 

成長因子とは、お肌の再生などを促すたんぱく質のことで良く配合されているものは「EGF」「aFGF」といった成長因子がクリームなどに配合されています。

 

  • 「EGF]

    上皮細胞増殖因子 表皮のターンオーバーを促進し、シミ、クスミの改善効果があります。

  •  

  • 「aFGF]

    線維芽細胞増殖因子 真皮幹細胞、肌細胞の増殖を促します。
    線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸等を増産するシグナルを送り
    ニキビ跡の傷を改善したり、美白効果もあります。

 

肌の新陳代謝を高め、肌の再生を促し、ニキビ跡の改善をサポートします。

 

成長因子配合であっても、肌のターンオーバーが正常に行われるためには時間がかかかり、即効性はありませんが、時間をかければニキビ跡が目立たなくなることは可能です。

 

 

クリームはあくまでも補うものという考え方

ニキビが出来にくくするために保湿は大切で、クリームはその強い味方となってくれますが本来皮膚が持っている、皮脂を洗顔のし過ぎなどで、取り除き過ぎるということがないように気を付けたうえでクリームで補いような使い方をしなと化粧品や、クリームの使い過ぎから、肌のトラブルも起こります。

 

多く使えば早く治るというものではありません。

 

クリームなどでも、肌のターンオーバーを促すものであっても本来、肌のターンオーバーに必要な栄養分が不足していると、美肌の再生をすることはできません。

 

外からクリームなどを塗るケアと同時に内側からも、美肌作りを考え、生活習慣の見直しや、寝不足、食生活の乱れなどにも十分注意しながら、ニキビ跡の改善に取り組むようにしましょう。