ニキビを皮膚科で改善するにはどのような治療法があるのか、処方される薬などもご紹介します。

MENU

ニキビを皮膚科で改善

ニキビは皮膚科でも改善する事が可能です。
重症のニキビのときにしか受診できないようなイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実は白ニキビなどの軽症のニキビでも皮膚科を受診して治療する事が出来ます。

 

ニキビを皮膚科で受診する場合、どのような治療が行われるのでしょうか?

 

外用薬の処方

ニキビの治療の主になる部分は外用薬の処方による治療です。
外用薬には「タラシンTゲル」「アクアチムクリーム」などの抗生物質が入った外用薬が処方される事があります。
これらの外用薬は、ニキビの原因菌である「アクネ菌」や「ブドウ球菌」を殺菌・除菌することにより、ニキビの腫れや赤みを改善します。

 

また、抗生物質の入っていない「ディフェリンゲル」が処方される事もあります。
この外用薬は新しいニキビ治療薬で、ニキビの炎症を抑え、ニキビの進行を防ぎます。
その他にも皮膚の赤みや腫れを抑える軟膏や、保湿外用薬であるローションが処方されたりします。

 

内服薬の処方

ニキビの炎症が重度の場合、抗生物質が処方される事があります。
抗生物質は一般的に「ルリッド」「クラリス」「ミノマイシン」が処方されます。
ビタミン不足はニキビを悪化させる原因になる為、治療のひとつとしてビタミン剤が処方されたり、ニキビ以外の症状やニキビが重度でなければ漢方薬を処方される場合もあります。
また、ニキビをできやすくする男性ホルモンを抑える為、ホルモン治療として「メルサモンF」などが処方される場合もあります。

 

外科治療

薬の処方の他にも、「面ぽう圧出」と言う、ニキビの先端に針やレーザーで穴を開ける事によりニキビに詰まっている膿や皮脂や古い角質などを面ぽう圧出器により押し出す治療や、ニキビに直接抗生物質を注入する治療などが行われる事もあります。

 

また保険適用外ですが、「ケミカルピーリング」と言う、皮膚に酸性の薬剤を塗り古い角質や毛穴の詰まりを除去したり、「レーザー治療」を行ったり、「イオン導入」によって肌にビタミンなどを導入したりなどの治療が行われる事もあります。

エステでニキビを改善する方法とは