美容液は有効成分が濃縮されておリ効果的な化粧品です。

MENU

ニキビ跡に効果的な美容液を選ぶポイント

美容液は、少しの量でも効果の感じられる、美容成分の濃縮されたもので、気になる個所の集中的なケアなどにも利用できます。では、その選ぶポイントとはどのようなものでしょうか。

 

ニキビ肌の美容液を選ぶときの気を付けたいポイント

 

保湿力のあるもの

洗顔後のニキビ対策のためのケアの化粧品で、特に大人ニキビで気をつけたいのは保湿力のあるものです。

 

とくに、美容液は保湿力を付けた瞬間から、感じられるほど頼りになるものですのでお肌の質にあった、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。

 

大人ニキビの多くは、肌の乾燥から、ダメージを受けニキビにつながるというケースが多くみられます。美容液で保湿すると、ニキビの数が減ってくるのが実感できることと思います。

 

 

美白効果のあるもの

良く配合されている成分でビタミンC誘導体と言った美白効果のある、美容成分の配合されたものを選ぶことで出来てしまったニキビ跡の色素沈着を薄くすることができます。
ビタミンC誘導体は美白効果と共に、その抗酸化作用から、メラニンの抑制効果などもあり色素沈着の防止効果もあります。

 

美白効果のある有効成分として、ハイドロキノンが配合されていると、美白の効果はありますが、刺激が強い成分のためニキビ肌で、すでに肌が弱っている場合などには、炎症を起こす可能性もあるため注意が必要です。
美白作用として、メラニンの生成を抑えるという、酵素配合のものが多くあり美白効果があります。多くの成分は、コウジ酸、などのように酵素の働きで色素沈着を促すチロシナーゼの働きを抑えるというものが多く使われています。

 

 

石油系界面活性剤のふくまれていないもの

石油系界面活性剤は、化粧水や、美容液の油性の成分を、混ぜるために使われていることが良くあります。

 

実はこの成分が含まれていると、ニキビのできやすい肌となる可能性があります。

 

また、肌にもともと備わっている、バリアを壊してしまうことが知られています。

 

ニキビのみならず、乾燥、小じわなどのトラブルも起こる可能性もあります。
これは、美容液を使用する前の、洗顔の時点でも、この成分は皮脂を過剰に取り除き、かえって皮脂を過剰に分泌しやすくなると言った作用がありニキビができやすくなりますので、洗顔やクレンジングの成分もチェックをするようにしましょう。

 

 

 

美容液使用の時の注意

美容液は有効成分が濃縮されているので、肌に合わないものは、炎症を起こしやすくパッチテストなどをして、大丈夫かどうかを試してから使用するようにします。

 

化粧水や、塗り薬などを着けている場合などの美容液を着ける順番ですが水溶性の美容液の場合、油性のものがすでに肌についているとその成分などもはじかれて、浸透しにくくなる可能性があります。

 

使用方法が、各美容液に明記されてあるので、使用方法に従うようにします。

 

ニキビ治療などで、塗り薬を処方されている場合にはその外用薬の使用方法などの指導があると思いますので化粧水を付けた後に、塗るのがいいのかなど確認しておくようにします。