ニキビ肌には正しいメイク落としで対応しましょう

MENU

メイク落とし法

メイク落としで大切なのは、ファンデーションをしっかり落としてから洗顔する必要があるからです。

 

ファンデーションなどの油分が肌に残っていると、洗顔料では落とすことができず、肌に残ってしまいます。

 

けれども、メイク落としの為のクレンジング剤を選ぶ時に、しっかり落ちるということだけを考えて選ぶと、刺激が強すぎて、ニキビを悪化させるばかりでなく、顔の肌全体に肌荒れをおこしてしまう危険があります。

 

その様なことにならないためには、ニキビのできた肌に刺激を与えず、メイクアップの油分を取り除くことのできるクレンジング剤を選ぶ必要があります。

 

 

肌に必要な油分を残すことのできる低刺激のクレンジング剤を選びましょう。

 

ミルクタイプ、クリームタイプのクレンジング剤

最も安全なクレンジング剤です。
すすぎに時間がかかりますが、肌に刺激を与えず、メイク落としをすることができます。

 

リキッドタイプやジェルタイプのクレンジング剤

オイルクレンジング剤に慣れている人にとって、物足りない感覚があると思いますが、メイクアップの油分は十分に取り除くことができます。
オイルクレンジング剤でのクレンジング後のさっぱり感は、肌に必要な皮脂まで取り除いていた感覚なのです。

 

オイルクレンジング

洗浄力は強いのですが、メイクアップで付いた油分だけでなく、肌に必要な皮脂まですべて取り除いてしまうことや、クレンジング剤を肌に伸ばす時に、肌に強い摩擦を与えてしまうことから、肌に刺激を与えてしまいますので、避けた方が良いでしょう。

 

メイクを落としたあとは洗顔です。正しい洗顔方法で洗いましょう。