ニキビにピーリングは効果があるのでしょうか

MENU

ピーリングとは

ピーリングは過剰な皮脂や硬くなった角質を除去して、肌の新陳代謝を良くするもので、肌のターンオーバーを促進させるので、シミやくすみを取るために使用している方が多くいますが、ニキビの予防、ニキビや、ニキビ跡の治療にも役立ちます。

 

専門家の元で受けるピーリング

ケミカルピーリング
皮膚科、エステティックサロンなどの専門家の元で受けるピーリングで、果物や野菜などから抽出されたグリコール酸などの有機酸AHA(アルファハイドロキシ酸 alpha hydroxy acids)を使って皮膚の新陳代謝、角質の剥離を促して、皮膚に水分を保たせ、角質を取り除き、皮脂を除去、毛穴を小さくすることで、ニキビの治療をします。

 

この方法には、ある程度の費用がかかること、また、信頼できる専門家を選ばないと、皮膚トラブルをおこす恐れがあります。

 

ピーリング剤には、AHA濃度などいくつもの種類があり、肌にあったピーリング剤を使わなかった場合には、肌が乾燥した状態になる、赤くなる、吹き出物ができるなどのトラブルが出ることがありますので、信用のおける医療機関、またはエステティックサロンを選びましょう。

 

 

自宅でできるピーリング

AHA(アルファヒドロキシ酸)が配合されているピーリング剤を使って、自宅でピーリングをします。メイク落としや洗顔した後に、ピーリング剤を使い、ピーリング後は化粧水、美容液で十分に保湿します。

 

市販されているピーリング剤は、濃度が非常に低く作られているので、ケミカルピーリングほどの危険はありませんが、肌に合わないこともありますので、肌に異常を感じたら、ピーリング剤の使用は辞めてください。

 

国民生活センターにも、市販のピーリング剤を使って、皮膚障害が起きたという相談が寄せられています。購入する際には、AHA(アルファヒドロキシ酸)の濃度を確認し、濃度の低いものから使ってみましょう。