ポイントメイクでニキビを隠す方法

MENU

ポイントメイクの仕方

下地とファンデーション、コンシーラーを塗り終わったら、パウダーで仕上げます。

下地の方法はこちら

 

パウダーは光を拡散するタイプがきれいに仕上がります。
パウダーは、肌を押さえるようにつけ、下地がよれるのを防ぐため、パフを横に動かさないように気をつけましょう。

 

仕上げはポイントメイクです。
ポイントメイクは、ニキビを完全に隠すことはできなくても、目や眉毛などを美しく仕上げることで、顔全体の印象を良くし、ニキビだけに視線が集中しないようにする効果があります。

 

目を大きく見せる

目が大きくなると、小顔に見えて、ニキビへの視線が集中しなくなります。
アイライナーで、目の際を強調したり、アイシャドウをグラデーション塗りしたりすると、目を大きく見せられます。
根元からカールできるコームタイプのマスカラもおすすめです。

 

美しいカーブの眉毛を描く

眉頭の高さを合わせ、眉山は黒目の上、眉尻は小鼻のわきから目尻までの延長線上まで描きます。
眉頭の形を整えるように、ブラウン系でリキッドタイプのアイブローペンシルで眉山までを描きます。
次に、ダークブラウンか黒のペンシルで、眉頭から眉山まで、1本1本の眉毛を描くようにし、眉山から目尻までは、一気にラインを引きます。
最後にアイブローブラシで、眉頭から眉山までを馴染ませます。

 

くっきりした印象のくちびる

口紅はブラシを使って口角のラインが繋がるように注しながら、唇のふちどりをし、そのあと唇全体に塗ります。
テイッシュで唇を軽く押さえてから、グロスを重ねます。