日焼け対策は食事でビタミンA、C、Eを摂ることで内側からもするようにします。

MENU

ニキビ肌の日焼け止めの選び方

ニキビができてしまった肌に日焼け止めをぬると、かえって悪化してしまうのではないかと心配する人もいますが、紫外線からお肌を守ることは、とても大切です。

 

ニキビ肌でも大丈夫な日焼け止めの選び方のポイントとはどのようなものでしょうか。

 

 

ニキビ肌でも日焼け止めは大切

ニキビができたしまった場合や、ピーリングなどで、ニキビを治療中のお肌に紫外線はダメジーを与えます。
特に、ピーリング治療などをしていると、本来あるお肌を守る成分も取り除いてしまいいつもよりも無防備であることが多くみられます。

 

この状態で紫外線を浴びると、角質を厚くして皮膚を守ろうとするため
ニキビの原因でもある、過角質化が進み毛穴がふさがり、ニキビができやすくなります。

 

 

日焼け止めはどのようなものを選べばよいのか

ニキビ肌や、ニキビ治療中のお肌の日焼け止めは、なるべく肌に負担のないものを選ぶようにします。

 

添加物のなるべく入っていない物

日焼け止めの成分をよく確認し、香料、着色料のような日焼けには関係のないものがなるべく入っていないものを選びましょう。

 

オイルフリー

油分の酸化によって、肌に炎症を起こしたり、ニキビができてしまうということがあるためニキビの原因が、皮脂の過剰の場合などもあるため油の入っていない、オイルフリーの日焼け止めを選びます。

 

紫外線吸収剤の入っていない物

紫外線吸収剤はアレルギーの原因になる可能性があるため、特にピーリングをしていたり、ニキビができているとアレルギーを起こす可能性があります。
紫外線吸収剤は、肌につけていると、熱を吸収し、酸化をおこしシミや、しわの原因となります。

 

 

日焼け対策に有効な食べもの

日焼け止めを付けると同時に、紫外線対策を内側からもする必要があります。
日焼けによる、シミやそばかすができないように食事の時に注意して摂りたいのがビタミンC、ビタミンA(カロテン)ビタミンEの含まれた食品です。
これらのビタミンは、抗酸化作用があり、紫外線対策となります。

 

特にビタミンCは蓄積されることがないため、毎日気を付けて食べる必要があります。
新鮮な野菜や、果物、緑黄色野菜、等を食べるようにします。