正しい洗顔方法でニキビをやっつけましょう

MENU

正しい洗顔方法

適切な洗顔をすると、ニキビのできない肌を作ったり、ニキビを治したりすることができますが、誤った洗顔をすると、ニキビができたり、ニキビが悪化したりしてしまい、ニキビ跡を残すことにもなりかねません。

 

ニキビの洗顔で大事なことは、毛穴の詰まった皮脂を取り除くことなのですが、洗顔をすることによって、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう、洗顔料の成分が肌に負担をかけてしまう、洗顔時に手と顔の肌の間に起こる摩擦が顔の肌に刺激を与えてしまうなどのことがおこって、却って肌の状態を悪くしてしまいます。

 

洗顔方法
刺激の少ない洗顔料を使い、専用の泡立てネットやスポンジを使って、ボール状になるまで泡立てます。

 

この泡を、鼻とひたいを中心に、顔にのせ、指でこすったりしないように注意して上からそっと押さえます。
それだけで、十分なので、こすらないようにしましょう。

 

そしてすすぎます。
すすぎは、ぬるま湯を顔にかけるようにしてすすぎます。
この時も、こすらないように気をつけながら、十分にすすぎましょう。
(入浴時の洗顔でシャワーを顔に使うのは厳禁です。肌への刺激が強く、乾燥がひどくなってしまいます。)

 

洗顔料が肌に残っていると、ニキビの原因やニキビの悪化の元になってしまいますので、こすらず、しっかりすすいでください。

 

顔を拭く時も、こすらず、顔を押さえるように拭きます。

 

洗顔は、朝と就寝前の2回だけに抑えてください。
ニキビが気になって、1日に何回も洗顔すると、肌から必要な水分まで奪われてしまい、角質が硬くなって、却って毛穴を詰まらせてしまう恐れがあります。

メイク落としの方法はこちら