ニキビ肌や、敏感肌の洗顔に無添加の固形石鹸を使用するとニキビが改善されることがあります。

MENU

ニキビ肌洗顔の為の固形石鹸の選び方

洗顔フォームを使う人が多いとは思いますが、敏感肌など肌にトラブルのある場合の洗顔には石鹸を使う洗顔に人気があります。

 

ニキビ肌の場合にはどのような石鹸を選ぶとよいのでしょうか。

 

 

固形石鹸の洗顔がニキビ肌にはおすすめ

洗顔フォームを使うよりも、固形石鹸を使用した洗顔を進める皮膚科の医師も多く、洗顔には約半数の人が固形石鹸を使っています。

 

固形石鹸にも、種類はいろいろありますが
基本的な成分は、油脂、苛性ソーダ、精製水です。

 

この基本的な石鹸素地に、香料や、薬用成分などを添加されたものが販売されています。

 

肌が敏感肌のようなケースでは、石鹸でも無添加のものを使っている人が多く、石鹸愛用者にはニキビが出来にくいという傾向があるようです。

 

ニキビができた時点でも、洗顔フォームでの洗顔の場合よりもニキビ自体が悪化せずに治るというケースも良く聞きます。

 

香料が配合されていたり、殺菌成分が配合されているものや精油などで香りを付けているものなども多くありますが、ニキビ用には無添加の石鹸をお勧めします。

 

 

固形石鹸が肌に良い理由

固形石鹸を使用したときに、突っ張った感じがすると思いますがこれは、アルカリ性になるからです。
アルカリ性になった肌は、本来肌は弱酸性なため弱酸性にしようと働き同時に肌も活性化されます。

 

固形石鹸は皮脂を落とし過ぎないため、保湿効果があります。
洗顔フォームの様なものでは、合成界面活性剤が配合されており洗い流しにくいという特徴がありますが、固形石鹸は水洗いでも洗い落とすことができます。

 

洗顔後には、化粧水などを使用しますが、洗顔料や、フォームではすでに保湿剤などが配合されており洗顔後もしっとりしていることがありますが、その保湿成分がニキビ用の抗炎症作用などが含まれている化粧水や、美容液の成分を邪魔する可能性もあります。

 

香料や、薬用成分、エッセンスなどを加えてある石鹸では、たまにアレルギーを起こす場合もあるので、無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

 

固形石鹸を使った洗顔方法

 

  1. 手を良く洗います。(顔に雑菌がつくことを防ぎます。)
  2.  

  3. ぬるま湯でまず顔を洗います。

    (ぬるま湯で毛穴を開きやすくしておき、石鹸を付けたときの刺激を抑えるためにあらかじめ濡らしておきます)

  4.  

  5. 泡立てネットを使い、石鹸を良く泡立てます。
  6.  

  7. くるくるとマッサージをするように優しくあらいます。
  8.  

  9. ぬるま湯で優しく洗い流します。

    生え際など、泡が残っていないのか、鏡などで確認しておきます。

  10.  

  11. 清潔なタオルで水分を取り除きます。ごしごしこすらないでふき取ります。